栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくては

栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。


というのも、胎児の脳や神経系の形成に、葉酸が順調な発育を促す働きをするためです。どんな食材が、葉酸を豊富に含んでいるのか教えて欲しい、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいなどと悩んでいる方は、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから葉酸の摂取がとても大事になります。

十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の発育も手助けされますし、母体の健康を助けるためにも必要な栄養素です。

他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは十分に摂ることが困難です。
葉酸の不足を招かないためには補助的にサプリメントや錠剤を使うのも、一つの手です。徐々に暑さが厳しくなってくるとうっかりグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、妊活の最中は、いつにも増して極力冷たい飲み物は避けてください。

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと赤ちゃんの順調な成長が妨げられる可能性を高めます。

とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を起こす結果になることがあり、最悪の場合は無脳症になるので流産あるいは死産につながるのです。障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので妊娠がわかったときから、葉酸を意識して摂ることが望ましいのです。

最近、だいぶ浸透してきた話ですが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。赤ちゃんは生後間もない時期に、体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、急激な発達を遂げます。そこで葉酸が使われることは言うまでもありません。



一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、妊娠を望んだときから、断乳するまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。
妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。
そんな時には、ハーブティーがよく飲まれています。その一つの理由は、ハーブの効果を期待することが出来るという良さにあると思います。


代表的なものを挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。さらには、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。

妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそれを発散する効果があるそうです。



ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発育に欠かすことができません。
葉酸は赤ちゃんが母体内で育つのに重要な役割を果たすだけでなく、無事生まれた赤ちゃんにも、お母さんにも摂って欲しい栄養素だと言えます。



葉酸は、細胞分裂が最も盛んな妊娠初期に最も盛んに使われることになりますから、妊娠したいと思うならば、その時から多めに摂るように努めた方が妊娠したときにあわてなくて済むでしょう。妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるので自分の生活習慣に合わせて、サプリメントや錠剤などで補うことをすすめます。ビタミンの中でも、水溶性ビタミンに分類される葉酸は調理中も水に溶け出してしまいます。

また、他のビタミンB群と同様、熱に弱いので調理の時、水の中で長時間加熱すると葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるのです。

だからといって、生野菜を大量に食べようとしてもなかなか難しいですよね。

ですから、調理の時もさっと湯通しする程度で終わらせるなど、ちょっと工夫していくのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリで葉酸を摂るようになったのです。


一日でも早く飲み始めなさいと、お医者さんには妊娠判定の席で言われたのですが、サプリメントを飲む時期の終わりは最後まで何も言われなかったのです。私の場合、1袋飲んだ後でサプリメントは終了にしていました。

しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったのでサプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。そろそろ妊活に入っていく女性が行うべきことは最初にママになるために自らの体を整えることです。

常日頃からの動作の繰り返しによって体がゆがみ始めますが、中でも骨盤の歪みは著しいです。



その歪みが不妊の原因となることもあります。
整体院のうち不妊やマタニティを専門に行うような治療院も増加中です。

妊娠しやすく、なおかつ赤ちゃんがお腹の中で過ごしやすくするために適切な状態に骨盤を矯正しましょう。