一見すると無関係なように感じますが、妊娠と

一見すると無関係なように感じますが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、重要な関連性があることが分かっています。

近年の研究により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの確率を高めているのです。



妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。
妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方は出来るだけ早く、受診するのがベターです。妊活時はひときわ、さまざまなことに気を付ける必要が出てきます。
風邪薬の服用については、さほど大きな影響をおよぼすということはないです。



ですが、少しでも妊娠することに良くない影響が及んだらどうしようと気になってしまうのなら服用をしても大丈夫かどうか、担当医とも相談してみることをおすすめします。


葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。私には関係ないと思っていましたが、少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」と相手にされませんでした。


しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうとサプリを飲むようになりました。サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。
今まさに妊活中だという人はちょっとでも早く妊娠したいと望んでいらっしゃることと思います。

基礎体温を記録すること、または体の冷えを防止することのような一般的なことは「とっくにやっているよ」と言われるかもしれません。

一時期ブームになった風水的に言うと、ザクロはたくさん実を付けるので、その絵を寝室の北側へ飾ることが妊娠に効果があるとされています。できることなら、寝室が北側の部屋だったらますます効果的だということです。


「妊活」と聞いたとき、一般的には女性側にばかり注目されやすいですが、夫婦において、男女が協力して妊活を行うべきです。

そういうわけで、男性の行う妊活としての毎日の食事に注目してみましょう。

男性の妊活に効果があると言われている栄養素には、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。

こういった栄養素を毎日食べるようにして、妊活の成功率をよりアップさせましょう。



自明のことですが、妊娠や出産は、夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。


これは何を意味するかというと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。実際に出産をするのは女性ですから、もしかすると、女性が頑張るしかないと思う方も中にはいるかもしれないですが、男性も一丸となって取り組まないと、妊娠出来る確率が下がってしまいます。

日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女の方に人気があるのが妊活アプリです。手軽に基礎体温の記録が可能だったり、排卵日がいつなのか予測してくれたりと、上手くアプリを活用することで手間をかけず、役立てることが出来ます。



女性のみならず、男の人が利用する目的で作られたアプリもあります。
いつが妊娠しやすい日なのか予測する機能も持っているので自然に男性に分かってもらうことが出来るでしょう。大抵、女性に関してはどんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。それは、いつ妊娠しているのか分かりませんので妊娠しているという認識がまだない時期に、飲酒が胎児に影響を及ぼすことを防ぐという理由です。それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、体が冷やされるので妊活中の女性にとっては避けた方がよいでしょう。
妊娠中の女性にとって重要な栄養素の葉酸が、ゴーヤーには多いとされています。食事の中で効率よく葉酸を摂るために旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、一度に大量に食べるのも考え物です。

妊婦に限りませんが、ゴーヤーを食べ過ぎると、何となく胃がもたれる、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ不調が出る可能性もあります。
もしも不調が続けば、胎児にとってもストレスになるでしょう。ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸はことに妊娠初期の摂取で胎児の細胞分裂を促すといった発育発達によい作用があるという説があります。この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物にたくさん含まれていて、サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、女性は、妊娠前から妊娠中まで毎日摂り続けてほしいものです。