神経管閉鎖障害など、胎児が神経

神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためにはビタミンB群である葉酸の効果が認められています。妊娠している女性は、葉酸を強化して摂取することを厚生労働省もすすめているくらいです。
葉酸は水溶性で熱に弱いのでごく当たり前の食事をとっている限り妊娠している女性の所要量は満たせません。足りない分はサプリなどを飲んで妊娠中の女性に十分な量の葉酸を摂れるようにしていきましょう。

計画的に妊活を進めるにあたっては、産婦人科などの専門機関を受診して不妊検査を受けましょう。特に異常が発見されなくてもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、排卵の周期を確認した上で妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスもしてもらえますから、妊活をはじめる時から産婦人科や専門の医療機関を受診し、不安の少ない状態で妊活をするのが良いでしょう。他のビタミンB群と同じく、葉酸もどうしても水に溶けやすく、一時的に過剰摂取になったとしても体内に吸収されて、作用する前に尿とともに排出されることもあります。



葉酸をサプリメントなどから摂取する場合も、その性質を考えて、一度に大量に飲むのではなく時間をおいて飲んだ方が良いと心がけて摂取してください。食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、尿とともに排出される分を少しでも減らすようにして、効率よく栄養素として使われるように頭を使うべきです。いわゆる貧血が起こるのは摂取よりも消費される鉄分が多いからだと普通は考えますが、実は、貧血の原因は多様でどんな場合でも鉄分が足りないことが原因とは言い切れないのです。葉酸不足による貧血も少なくないので、薬などによる鉄分摂取だけでは、貧血の改善が見られないとすれば葉酸の摂取も試してみるとヘモグロビンを多く含んだ赤血球が増える可能性もあるでしょう。不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、妊活も長期化しすぎると、心も体もすり減ってきます。ですから、何年と期間を決定して、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうという形で最初に決めておくことが最も上手くいくかもしれません。
期間を定めておくことによって、夫婦でよく話し合って決めたことだからギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思い続けられるのです。葉酸は水溶性のビタミンなので、体内に蓄積されにくく、毎日少しずつ摂らなければなりません。よほど食生活が偏っていなければ、サプリメントなどの必要はないとされますが妊娠初期の女性にとって、赤ちゃんの発育を促すために葉酸がどうしても必要ですから必要な量の葉酸が毎日摂れるようでないと葉酸が足りないことになってしまいます。葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、妊娠判明と同時に開始するのがベストというのが一般的です。

また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいというくらいで、葉酸の摂取に早すぎることはありません。妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児に異常や障害が起こる原因となるリスクを高めてしまいます。神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を引き起こすことがあって、重篤なケースでは無脳症になり流産や死産に至ります。そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊娠がわかったときから、葉酸を必要とされるだけ摂るように努めましょう。


サプリメントで葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、妊娠中期にさしかかってからそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、牛乳を飲む量を、今までの倍にしました。急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて吐き気がして、お腹を壊してしまいました。

妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ鉄分を摂るために薬を飲みましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れるマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。
葉酸は、特に妊娠初期に必要だというのは多くの人が知っていますが、それにとどまらず、妊娠している間はずっと葉酸は母子ともに欠かせない栄養素の一つなのです。

胎児の発育を順調に進めるためにも、出産まで葉酸が必要で、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。



無事に妊娠初期を乗り切った後も、妊娠中期以降も、できれば授乳中も葉酸を意識して摂取するのが一番良いでしょう。いつ妊活を始めたらよいか、中には気になっていらっしゃる女性も相当数いると思います。この答えは、未婚の女性も既婚の女性も、そのうち出産をしたい女性であれば、いつでも行ってよいものと言えると思います。



一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。


ですから、いつ始めたとしても早すぎるということはないと言えるでしょう。